石垣島おすすめダイビングスポットについて詳しく解説しています。
  1. 石垣島ダイビングのおすすめスポット5つ&ショップ5選!
石垣島グルメ

石垣島でオススメのダイビングスポットとは?石垣島でオススメのダイビングスポットとは?

石垣島は日本だけでなく世界中のダイバーが集まるダイビングスポットです。その理由は海の透明度とサンゴ礁の質、それから出会える魚の豊富な種類!そんな石垣島ダイビングで出会える代表的な生き物やベストシーズン、ダイビングスポットなどを紹介します。

石垣島ダイビングで出会える生き物

ダイビングの醍醐味と言えば、澄んだ海中で出会えるさまざまな生き物たちですよね。ここでは世界中のダイバーを虜にする石垣島で、出会える生き物を紹介します。

①なんといってもまずはマンタ

①なんといってもまずはマンタ 出典:石垣島ツアーズ

海の中を優雅にまったりと泳ぐマンタは、時の流れを忘れさせてくれます。石垣島でマンタに出会いたいなら、夏(7~9月)のダイビングがおすすめです。

②絶滅危惧種のウミガメ

②絶滅危惧種のウミガメ 出典:石垣島ツアーズ

絶滅危惧種に指定されているウミガメにも、1年を通して7割の確率で、夏場はほぼ毎日出会えます。石垣島で見られるウミガメは、一番有名な「アオウミガメ」、北太平洋では日本でしか見られない「アカウミガメ」、甲羅を使ったべっこうが有名な「タイマイ」の3種類です。

③映画で一躍人気者に、クマノミ

③映画で一躍人気者に、クマノミ 出典:石垣島ダイビング.net

ディズニー映画「ファインディング・ニモ」で大人から子供まで虜にしたカクレクマノミのほか、セジロクマノミ、ハナクマノミなどに出会えます。クマノミはビックリするとすぐにイソギンチャクに隠れてしまうので、そっと観察してくださいね。

ほかにも数多くの生き物に出会えるのが石垣島ダイビングの魅力です。サンゴもカラフルで美しいんですよ。

石垣島のダイビング、ベストシーズンは?

石垣島のダイビング、ベストシーズンは?

石垣島は沖縄本島よりもさらに南に1時間かかるので、より水温が高く、1年中ダイビングを楽しめます。

ただし「マンタを見たい」「できれば旅費を抑えたい」など希望があるなら、それぞれにおすすめの時期がありますので、ご紹介します。

マンタを見たい
4~10月の長期間マンタは泳いでいますが、高確率で出会いたいなら7~9月が断然おすすめ。なかでもお盆明けはベストシーズンです。
華やかなウミウシを見たい
紫やオレンジ・ピンクなど色が華やかで形のユニークなウミウシは、3~5月に見られます。動きがゆっくりなので撮影もしやすいですよ。
キレイな魚の写真を撮りたい
色鮮やかな小さな生き物たちの写真を撮りたいなら、水中の透明度が高い11月・12月がおすすめ。
旅費を抑えたい
石垣島の梅雨にあたる5月・6月がおすすめ。しとしと降り続ける本州の梅雨と違い、スコールのようにざっと降ります。

石垣島のダイビングスポット・エリア5つ

石垣島のダイビングスポット・エリア5つ

マンタとの高い遭遇率や、初級者でも楽しめるポイントの豊富な石垣島。「月刊マリンダイビング」の人気企画「ダイブ&トラベル大賞」(2020年にマリンダイビング大賞と名称変更)で19年連続1位の大人気ダイビングスポットなんです。

ここではおすすめのダイビングスポットを5つ、見られる魚や景色、水深などと合わせて紹介します。

①川平石崎マンタスクランブル
マンタと出会いたいならここへ!「石垣島=マンタ」のイメージを決定づけた、もっとも有名なマンタスポットです。マンタのクリーニングステーションである根の淵に着底し待っていると、頭上をホバリングするマンタを見られます。

対象ダイバー:初級者OK!

エリア:石垣島本島川平

水深:8~25m

②伊原間(いばるま)インリーフ
石垣島北部にあるこのスポットは、美しいサンゴ礁が比較的浅い場所にあり、そこに暮らすスカシテンジクダイや、イソギンチャクに暮らすクマノミなど、さまざまな生き物に出会えます。海の透明度が高く、絶好の写真スポットと言えるでしょう。

対象ダイバー:初級者OK!

エリア:石垣島本島北部

水深:2~18m

③御神崎(うがんざき)タートルガーデン
ウミガメと出会いたいならここがおすすめ。水深15mほどのところに、ウミガメのエリアが点在しています。ウミガメは驚くとすぐに逃げてしまうので、残圧に注意しながら静かに近づいてくださいね。

対象ダイバー:初級者OK!

エリア:石垣島本島西部

水深:7~20m

④桜口(さくらぐち)リーフ
海中の地形を楽しみたいダイバーにおすすめのポイント。複雑に入り組んだリーフや根の割れ目にできたクレバスなど、ダイナミックな景観が楽しめます。岩肌にはウミウシや甲殻類も。石垣港から船で5分と近いので、船酔いしやすい人でも安心です。

対象ダイバー:初級者OK!

エリア:石垣島本島南部

水深:10~15m

⑤竹富島南トカキンの根
大物と出会いたいなら、トカキンの根へ。時折流れが強くなることがあるので、セルフレスキューができる中級者以上が対象の地域ですが、クリーニングや捕食に訪れたイソマグロの群れは圧巻です。

対象ダイバー:中級者以上

エリア:竹富島

水深:10~30m

石垣島のダイビングショップ5選

石垣島には200以上のダイビングショップがあります。「多すぎてどうやって選べばいいのかわからない」という声もよく聞きますので、ここではおすすめのダイビングショップを5つ紹介します。

①ぷしぃぬしま
①ぷしぃぬしま出典:ぷしぃぬしま
八重山の方言で「星の島」を意味する「ぷしぃぬしま」が店名のダイビングショップ。店の目の前からボートが出航するので、行き帰りがとても楽です。メニューがとても豊富で、ファンダイビング・体験ダイビングはもちろん、ライセンス講習やマリンスポーツ、星空観測のクルージングなどいろいろな楽しみ方ができます。
所在地:沖縄県石垣市美崎町2番地 公式サイトはこちら
②FLOWFISH(フローフィッシュ)
②FLOWFISH(フローフィッシュ)出典:FLOWFISH
最大10名の少人数制でゆったりダイビングを楽しめるのがFLOWFISHの魅力。1名でも出航してくれます。スタッフがとても気さくに話しかけてくれるので、一人参加でも安心できますよ。ファンダイビングのほか、ライセンス講習も実施。ナイトシュノーケルのプランもあります。
所在地:沖縄県石垣市登野城321-9 公式サイトはこちら
③うみの教室
③うみの教室出典:うみの教室
創業から19年、ライセンスの総認定数は4,800人以上の実績がある「うみの教室」。現在まで無事故で営業を続けていて、安全面に対してとても安心できます。メニューもファンダイビング・体験ダイビングのほか、ライセンス取得やレスキューダイバーの資格取得など、初級者から資格取得希望者まで対応しています。
所在地:沖縄県石垣市伊原間4-96 公式サイトはこちら
④サンフィッシュ石垣島
④サンフィッシュ石垣島出典:サンフィッシュ石垣島
初めてダイビングにトライする人に心強い、初心者専門のダイビングショップ。泳げなくても丁寧にレクチャーしてくれるので安心して楽しめます。ホームぺージのQ&Aが充実しているので、不安な方はそこを確認するといいですね。市街地の宿泊施設まで無料で送迎してくれます。
所在地:沖縄県石垣市真栄里393-32 公式サイトはこちら
⑤KATSU
⑤KATSU出典:KATSU
ダイビングショップが併設されたペンションです。ダイビングと宿泊施設の予約が一度で済むので便利ですね。ライセンス所持者用のダイビングのほか、体験ダイビングやシュノーケルツアーもあります。市街地から少し離れていますが、リピーターが多いんですよ。
所在地:沖縄県石垣市新川2464-1 公式サイトはこちら

関連記事

PAGE TOP