石垣島で楽しめるアクティビティについて詳しく解説しています。
  1. イチオシはこれだ!石垣島で楽しめるアクティビティ
石垣島グルメ

イチオシはこれだ!石垣島で楽しめるアクティビティイチオシはこれだ!
石垣島で楽しめるアクティビティ

石垣島で楽しめるアクティビティ

①ダイビング

世界中のダイバーたちが集まる人気のダイビングスポットである石垣島。人気の秘密はマンタ、ウミガメ、そしてカラフルなサンゴや熱帯魚の天然水族館のような美しい光景が見られること。そしてサンゴが群生している土地ならではの地形ダイビングも人気です。

①ダイビング

ダイビングスポット:

川平石崎マンタスクランブル、底地ビーチ沖、崎枝、御神崎、屋良部崎、大崎、名蔵湾、桜口、大浜沖、宮良沖など

②シュノーケリング

ダイビングよりも比較的浅い水中で行うシュノーケリングでも、石垣島のビーチでは十分に美しい海の生き物を目の当たりにすることが可能。サンゴ礁の質や海の透明度、色とりどりの魚の多さにおいて石垣島のビーチは世界トップ3に入るとも言われています。

②シュノーケリング

シュノーケリングスポット:

川平湾、マエサトビーチ、フサキビーチ、底地ビーチ、石垣島サンセットビーチ、米原ビーチ、Wリーフ&青の洞窟など

③SUP(スタンドアップ・パドル・サーフィン)

SUPとはスタンドアップ・パドル・サーフィン(Stand-up Paddle Surfing)の略で、ボードの上に立ったままパドルで漕いで進むマリンアクティビティです。安定性が高く初心者でも比較的簡単に乗れて長距離移動も可能、年齢を問わず世界中で人気急上昇中です。

③SUP(スタンドアップ・パドル・サーフィン)

SUPスポット:

川平湾、吹通川、青の洞窟、宮良川、名蔵湾など

④ジャングルトレッキング

石垣島の魅力の1つは亜熱帯の動植物が見られるところ。マングローブや原生林をかきわけて進むジャングルトレッキングは石垣島の人気アクティビティの1つです。気軽に参加できる軽いものから丸一日かけて行う本格的なものまで様々なコースがあります。

④ジャングルトレッキング

ジャングルトレッキングスポット:

於茂登岳(おもとだけ)、野底岳(マーペー)など

⑤カヌー(シーカヤック)

ボートと同じく座って乗り込みますがパドルを漕ぐと前へ進むカヌー(シーカヤック)。その魅力は、海でも川でもその水深に関わらずあらゆるエリアで乗れることです。見渡す限り広がる美しい海から、歩いては行けない秘境の地までカヌーならどこへでも行けます。

⑤カヌー(シーカヤック)

カヌースポット:

吹通川、川平湾、青の洞窟、宮良川、マエサトビーチ、名蔵湾、大浜海岸、底地ビーチなど

雨の日はどうする?

石垣島の自然はやはり空が澄み渡った晴れの日が抜群に美しいので、雨の日や曇りの日は魅力が半減してしまいます。そのため石垣島へ行くなら是非とも梅雨や台風の時期は避けたいものですが、どうしてもその時期しか休暇が取れなかったり、運悪く土砂降りに当たってしまったりすることもありますよね。そんなときにおすすめなのは、発想を切り換えて石垣島の自然ではなく文化を楽しむこと。本土の都市部同様にお店が建ち並ぶ中心街ですが、そんななかでもアーケードで覆われているユーグレナモールには石垣島ならではの伝統文化を感じることができる食材や土産物がたくさんあって、雨でも1日中楽しめます。

あるいは、むしろ雨の日のほうがその魅力が増すと言われるジャングルや滝を擁する西表島や、南国ムード漂う集落が魅力の竹富島など、思い切って離島へ足を伸ばすのも1つの手です。離島ターミナルからフェリーで、西表島へは直行便だと40〜45分(往復3,910円)、竹富島なら10〜15分(往復1,150円)で行くことができます。

関連記事

PAGE TOP