宮古島について詳しく解説しています。
  1. その他の沖縄離島②宮古島ってどんなところ?
石垣島グルメ

その他の沖縄離島②宮古島ってどんなところ?その他の沖縄離島②
宮古島ってどんなところ?

海の美しさがピカイチ・宮古島へのアクセスは?

東京から約2,000km、沖縄本島からは南西に約300kmのところに位置する宮古島。海の美しさには定評があり、石垣島とよく比較される島でもありますね。石垣島は八重山諸島の1つですが、宮古島は大小8つの島々(宮古島・池間島・大神島・伊良部島・下地島・来間島・多良間島・水納島)から成る宮古群島の中で最も大きい島です。

海の美しさがピカイチ・宮古島へのアクセスは?

宮古島の気候は高温多湿の亜熱帯海洋性気候で、冬でも最低気温が15℃を下回ることがあまりなく、最高気温は年間を通して20℃以上。そして最も暑くなる7月でも最高気温は32℃と1年を通じて過ごしやすいのが特徴です。

宮古島には宮古空港があるので島外からは空の便で行き来することができます。本土からだと羽田空港(東京)・関西空港(大阪)・中部空港(愛知)から直行便があり、東京からは3時間、大阪からは2時間10分、愛知からは2時間30分で着きます。沖縄本島にある那覇空港からは1日15便ほど宮古空港行きが出ており、約50分で到着。そして石垣島からも飛行機に乗って約30分で宮古島へ行くことができます。

宮古島の楽しみ方

宮古島の最大の特徴はやはり美しい海。宮古島へ行くなら美しい海でのダイビングやシュノーケリングは欠かせないでしょう。そういったマリンスポーツをしないまでも、ビーチで夕陽が沈むのを眺めるだけでリゾート気分をたっぷり味わえます。海以外の観光スポットやショッピングスポットなども含め、以下にいくつかご紹介してみたいと思います。

宮古島の楽しみ方

見渡す限りのエメラルドの海を楽しむ

見渡す限りのエメラルドの海を楽しむ

宮古島といってイメージするエメラルドグリーンの海を見たいなら、まずは7kmに渡って延々と白い砂浜が続く与那覇前浜ビーチがおすすめ。ダイビングやシュノーケリングを体験することもできます。同じくシュノーケリングでおすすめなのは新城海岸や吉野海岸。浅瀬でもカラフルな熱帯魚をたくさん見ることができ、吉野海岸では時期によってウミガメの産卵を見ることができるかもしれません。そして青い海でガッツリ泳ぎたいなら、空港から車で15分の砂山ビーチ。更衣室・駐車場・シャワー・トイレなど、すべて無料で利用できます。

宮古島の絶景を目に焼きつけに行く

宮古島の絶景を目に焼きつけに行く

まずは宮古島と言えば「池間大橋」は有名ですね。宮古島と池間島を結ぶ全長1,425mの橋がまっすぐにのびています。陸地から橋と海を眺めても、橋を渡りながら海や島を眺めてもため息が出るほどの美しさ。あまりの絶景に事故を起こさないよう気をつけましょう。そして「宮古島海中公園」に行けば、今度は海の中を見ることができます。ダイビングやシュノーケリングが苦手な人でもここなら海の中の美しさを体験可能。さらに熱帯地域でしか見られない植物をたくさん見ることができる「宮古島熱帯植物園」はなんと入場無料です。心ゆくまで色鮮やかな植物を楽しんでください。

宮古島でしか買えない思い出の品々を手に入れる

宮古島でしか買えない思い出の品々を手に入れる
出典:宮古の雪塩

買い物もできる観光スポットとしてまずおすすめしたいのは「雪塩ミュージアム」。こちらでは宮古島周辺の海水から作られる雪塩の製造工程を見ることができ、雪塩はもちろん、雪塩で作られた関連商品をたくさん買うことができますのもうれしいポイントなのですが、なかでも雪塩ソフトクリームは大人気です。また、ダイビングやシュノーケリング、鍾乳洞体験などができる「宮古島海宝館アソビタウン」では、貝工芸や貝細工を見学・体験することもでき、さらにオリジナル貝製品を買って帰ることも可能。イベント盛りだくさんで丸一日遊ぶことができます。

石垣島との比較

島の周辺にはサンゴ礁や熱帯魚が息づくエメラルドグリーンの海が広がり、亜熱帯の植物や珍しい野生生物が見られる・・・という宮古島の特徴は、石垣島のそれととてもよく似ていますよね。総面積も宮古島が226.48km2で、石垣島は222.5km2。ほぼ同じくらいです。

しかし実は石垣島と宮古島では訪れる目的がかなり変わってくるんじゃないかな?と思います。まず石垣島は、市街地がかなり発展していて土産物屋も充実、また海以外の観光地も「絶対行きたい!心が洗われる石垣島の観光スポットTOP10」でもご紹介したようにたくさんあります。石垣島特有の食文化、石垣島グルメを楽しみに訪れる人も多いでしょう。

一方、宮古島は基本的に海がやはり最大の魅力。とにかく海を見て自然の中でのんびりしたい、という人は宮古島、海を見てのんびりもしたいしジャングルにも行ってみたいし星も見たいし買い物もしたい、という総合的なリゾートを味わいたい人は石垣島、というところでしょうか。石垣島と宮古島は飛行機で約30分なので、石垣島を拠点として八重山諸島や宮古島まで足を伸ばすという計画を立てるのもいいかもしれませんね。

PAGE TOP